クイーンのギタリストであるブライアン・メイの名言にこんな言葉があります。
「このギターは私の武器であり、身を隠す盾でもあった」

そして、ブルースギターの神様B.Bキングは、言っています。
「学びの素晴らしさは、誰もそれをあなたから奪えないことだ」と。

これは「あなたがギターを覚えれば、きっとそれはあなたにとっての武器となり盾にもなる。
そしてそれは誰にも奪えない」ということなんだと思います。
つまり、技術はプライド、その人の誇りになるんですね。

さて、コーチがレッスンをはじめる前の疑問や不安にお答えします。
もっと知りたいことがあったら、お問い合せページからお願いします。

Q1:具体的にはどんな感じでレッスンしてくれるんですか?
まずはあなたが、どんな音楽が好きなのか、好みのギタリストなどを教えて下さい。できたらCDを取っ替え引っ替え流して語って下さい!それこそが醍醐味。「Delivery Guitar Lesson」の教室はあなたの部屋なんですから。そこから、こんなギターが弾けるようになったらいいね、というゴールのイメージを共有し、練習をはじまめましょう。

Q2:家にある古いギターで大丈夫?
はい。弦がない、張り替え方がわからない場合、初回に弦の張り替えやメンテナンスをします。ただし、状態があまりにも悪いと弾きにくく、初心者には強いストレスがかかり、ギターが嫌いになっちゃう恐れがあるのでお勧めましせん。そういう場合はギターをお貸ししますので、ギターが楽しくなって来たら購入することを検討してみましょう。
※弦やピック等の備品購入時には、事前のご相談のうえ実費を請求させていただきます。
※ギターのレンタルは練習時間内のみです。

Q3:ギターを持ってなくても大丈夫?
はい、ギターがない場合はお貸しすることができます。ギターが欲しくなったら一緒に買いに行きましょう。或いは私が購入の代行もしますよ。
※購入代行は1時間分のレッスン料をご請求させていただきます。

Q4:けっこう音はうるさいでしょうか?ご近所迷惑にならないか心配です。
アコギなら弱めに、エレキならボリュ−ムを落とせば問題ないと思います。ちなみにコーチの歌声はけっこう大きめなので気をつけます(>_<)

Q5:どれくらいでギターが弾けるようになりますか?
当然、人によりますし、個人練習の時間をどの程度割いたかにもよりますが、3回目のレッスンで4つくらいのコードを使った簡単な課題曲(誰もが知ってる有名な曲でお好みのもの)をゆっくり弾ける程度を目指します。同時に、チューニング(調弦)やコード表、タブ譜の見方、そして意外と難しい右手のストロークを練習します。自主練を欠かさず頑張って下さい。

Q6:コーチの石井さんは、ギターの先生なのですか?ひきこもり支援者なのですか?
ギターがちょっと上手なひきこもり支援者です。支援者歴15年のベテランですので、ひきこもっている方の気持ちに寄り添い、本レッスンのコンセプトであるQOLを上げるお手伝いをします。もちろん、時間内に相談してもらってもかまいません。

Q7:どこまでまで出張してもらえるのですか?
首都圏を中心に考えておりますが、遠方でもご相談いただければ、,前向きに検討させていただきます。

Q8:教えてもらえないことは最初にちゃんと言っておいてほしいです。
ヘビーメタルとか速弾き、高度な音楽理論を必要とするジャズは出来ないです。あと楽譜も読めません m(_ _)m

Q9:家以外での練習は可能ですか?
はい、可能ですよ。カラオケに行って、歌わずにぎたーの練習しても良いですし、スタジオを借りて、アンプで爆音でギターをかき鳴らしてみるのもいいストレス発散になりますよ。僕は教えられませんが、スタジオに必ずドラムセットが据え置きでありますので、ドラムを叩くのも面白そうですね。
※有料施設を利用した場合は、実費をご請求させていただきます。

Q10:何かイベント的なことは企画されていますか?
はい!何人かの生徒さんが集まったらYoutubeのビデオチャット(顔は映さなくてもOK)で何名かが集まり、作詞と作曲をみんなでして、オリジナルソングを作ってみたいなと思っています。あとは、Youtubeデビューなんかもいいですね。

Q11: 親も習いたいと言っていますが、一緒でもいいですか?
貸せるギターの数に限界がありますが、最大2名までいいですよ!