支援機関の「よくわからないこと」や、
子どもの「自立までの支援イメージが持てないこと」が、保護者の皆さまの不安を助長していませんか?

困難を抱えたお子さまをもつ保護者のための
「はじめの一歩」完全サポート講座

子どもが困難な状況に陥ることで、保護者もその困難な状況に入ってしまいます。

子どもたちは自暴自棄に思考停止してしまいがちで、あるいはそうすることで自分自身を守っているかもしれません。

そこで、保護者が自分の子どもがおかれている状況を客観的に考え、利用可能な社会資源にどのようなものがあるかを知り、困難な状況を抜け出すための「はじめの一歩」をサポートします。

本セミナーでは「見えないことで膨れ上がる不安に対して、支援機関の情報を可視化することで安心が生まれる」をコンセプトに、以下の内容でお話しします。

1.子ども理解
保護者が子どもの抱えている困難な状況を正しく把握する。

2.支援機関分析
支援機関ごとの特徴やスタイルの違いを知り、子どもに合った支援の選び方を知る。

3.行動計画
子どもへの支援情報の提供から、支援機感利用までのシミュレーション。